痛み止めの薬・注射は治すもの?

痛み止めの薬・注射について

痛み止め1

結論から言うと、「痛み止めの薬や注射」は、症状を治すものではありません。

神経を麻痺させて、本来感じるべき感覚を鈍らせるものです。

「え? 自分は、痛み止めの薬を飲んだら治ったよ!」
とおっしゃる方がいらっしゃいます。

何度も言いますが、それは痛み止めで治ったのではありません。

正しくは、痛み止めで神経を麻痺させている間に、ご自分の「自然治癒力」が目覚めて治ったのです。

治るということは、「自然治癒力」以外にないのです。

当院の施術では、「自然治癒力」を最大限に引き出すことが可能です。


痛み止めを使用されている患者様の傾向

痛み止めは、神経を麻痺させるわけですから、2倍効く(2倍神経を麻痺させる)注射や薬を使用されている方は、当院での施術の効果も2倍入りにくい(2倍効果を実感しにくい)傾向にあります。

痛み止めを常用している方ほど、その傾向が強いです。

ひどい方ですと、5回位の施術を受けても変化が感じられず、6回目位から楽さを実感される方もいらっしゃいます。

そのような方々でも、回数を重ねれば、しっかり回復されておりますのでご安心ください。

分かりやすいように簡単な例を挙げますと、

頭痛がある方が、痛み止めを飲んで、楽になっている時に、頭痛に対して整体の施術を行い、痛みの確認をしても、施術によって楽になったかどうか分かり辛いのは、お分かり頂けますよね。

腰痛でも、肩こりでも同じことが言えるのです。


患者様には、根本から改善するチャンスを逃して欲しくないのです!

痛み止め2

以上のようなことをしっかり理解していないと、誤解を招くことになります。

痛み止めを利用されている方で、神経が麻痺しているがために、数回施術をお受けになっても効果が実感出来ず、治療を途中で諦められる方がいらっしゃいます。

このような方は、色々な治療院をめぐることになり、結局改善されない場合が多いです。

やっぱりここの整体もダメだった・・・。

と、ならないためにも、この機会に考え方を改めていただけると良いかと思います。

当院では、患者様のお体に聞くという「確立された検査法」を使用しているため、改善までに必要な「施術回数」が、的確に分かります。

それを目安に、一緒に改善を目指していきましょう!


※症状改善などは、100%保証するものではなく、個人差があることを予めご了承ください。
※また、「痛み止め」自体を否定しているのではないことをご理解ください。




高知県南国市の整体:腰椎椎間板ヘルニアなら「えがおバランス整体院」へ

えがおバランス整体院 - フッターロゴ
【営業時間】 7:00~17:00 (電話受付 → 朝6:00~)  【定休日】 土・日
【住所】 高知県南国市大そね甲2060-5  【駐車場】 2台完備
(南国市役所から南へ車で2分 / 大篠小学校の北側すぐ)
患者様の「お喜びの声」地図・アクセス料金・時間よくあるご質問
ご予約・お問合せ 080-3926-7726(完全予約制)