キャベツダイエットと言えば、糖尿病の方のために作られたダイエットで有名ですが、一般人によって生まれたダイエット方法ではない分、健康に気を遣ったダイエットとしても有名ですよね。

今までにさまざまなダイエットに成功はしたものの、過度なダイエットによるリバウンドで痛い目を見た方などにもオススメのダイエットとなっておりますので、ぜひこのキャベツを使った健康的なダイエットを参考にしてみてください。

それでは見ていきましょう。

キャベツダイエットのコツとは?

ダイエットのスタイルとしては、食前の食べ物を一つの食品に絞る形のひと昔前のダイエット法となっております。

ですので、ダイエットを続ける中キャベツを見たくもない。という日がくるかもしれません。

健康に良いとは分かっていても、我慢の限界がきて欲に負けてしまうようでは意味が無いので、キャベツダイエットを続けるコツについてみていきましょう。

通常は、生のキャベツを千切りなどにして食前に食べることで満腹感を得てその後の食事を減らすダイエット方法ですが、まずは飽きるまで生のキャベツを食べるようにしましょう。

もちろん、これだけで最後までダイエットが続けられる人はほとんどいないと思います。

ですので、飽きたら次はノンオイルのドレッシングを使ってさまざまな味を楽しみましょう。

ここで、飽きずに長く日を持たせる工夫は、トマトやほうれん草などの視覚効果を利用することです。

キャベツダイエットとはいえ、他の野菜は糖質が多いものでなければ阻害にはならないので、彩りの要素として足してあげましょう。

これをしばらく続けるとまた、限界がきます。ここでの限界は、生のキャベツへの拒絶反応が多いです。このような時は、一旦生キャベツから離れましょう。

肉が無いロールキャベツや、みそ汁など調味料を使った柔らかいものに一度変化を与えることで再び生キャベツを食べても大丈夫と脳が錯覚を起こすので、一度離れるのも長く続けるための秘訣です。

こうしてごまかしながら上手く付き合っていきましょう。

もちろん三食をキャベツにする必要はありません。

◇もちろん三食をキャベツにする必要はありません。

より高い効果を期待する方は、三食をキャベツに変えるべきですが、比較的ペースをゆっくりにしたダイエットであれば、夜食の食前だけを生キャベツにする方法がオススメですよ。

キャベツダイエットは3ヵ月を目標期間とする方が多いですが、夜だけのゆっくりコースの方は5ヶ月ほどを目標期間としておきましょう。

よく誤解しがちですが、あくまで食前にキャベツを食べてよく噛むことで満腹感を得て、その後の食事を減らすことがこのダイエットの目的となります。

決して3食を生のキャベツにして3ヵ月暮らすことではないので、しっかりと栄養は別の食事から摂るようにしましょう。

極端に食事制限をしない分、皆さんに合っているかもしれませんね。ぜひ、試してみてはいかがでしょうか?